国際ロータリー 第2510地区 第11グループ

江差ロータリークラブ
counter

【かもめ島】北海道の自然百選

【江差の繁次郎】

【横山家】北海道指定有形民俗文化財

【開陽丸】
        「葵の枯れゆく散り際に開陽丸」と詠われた徳川幕府の巨船開陽丸

【旧檜山爾志郡役所】江差町郷土資料館

■江差ロータリークラブ活動計画書(2021〜2022年度)

 会 長 : 赤石 智恵美
  ロータリー入会15年目、3回目の会長を承りました。郊外クラブであることや会員9名と会員数も少なく、他クラブとの交流が難しいですが、機会を増やしていきたいです。
 RI会長の今年度のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。
 「職業奉仕表彰」や「ロータリーの森」での植樹・育樹活動等、大切に継続活動して参ります。
 また、今年度は江差ロータリークラブ創立60周年を迎えます。西沢幹事をはじめ、会員皆さんの協力をいただきながら、少人数の中でも、江差RCらしい記念式典・祝賀会を成功させたいと思います。
 幹 事 : 西沢 哲也
 初めの幹事を承りました。先輩会員のみなさんに色々お聞きしながらのクラブ運営となるかと思いますが、ご迷惑をおかけしないよう精一杯勤めさせていただきます。
 また、今年度は、「江差ロータリークラブ創立60周年」を迎え、5月には記念式典を計画しておりますで、会員一丸となって成功させたいと思います。
 今年度のRI会長テーマ「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」および地区目標である「世界に奉仕を 地域には感謝を」を念頭に、微力ではありますがスムーズな運営となるよう頑張りますので皆様のご協力をよろしくお願いします。
 会 計 : 前川 敏雄
 江差RCは少数クラブで会員減少が続いていおり、より一層の適切な資金管理と運用が重要であると感じております。
 このことを強く認識し、微力ではありますが、クラブの財務の健全性を保つよう頑張りますので、会員皆様のご協力をお願いいたします。
 A クラブ管理運営委員長 : 隅田 秀男
 2021-22年度クラブ管理運営委員長を1年間引き受けました。どうぞよろしくお願いいたします。
 各委員長の活動に目を通したら早速意見交換し、出来る限りの協力をしていきたいと思います。
 例会が楽しく出来る方法や会員増強等、課題がたくさんあります。少人数のクラブながら、町民の森での長年の植樹、匠の技を働きとしている新しい分野への名工を探し出し表彰することや、来年の60周年を9名の会員で成功させる事を目標に、この1年間頑張っていきます。
 1 出席奨励委員長 : 前川 敏雄
 例会は出席が原点であることから、各役員・委員長・会員が、率先して出席する様メール及び電話で催促する。
 委員長としては出席率向上のためのあらゆる提案、努力を惜しまぬ所存であります。
 まずは自分自身が毎回出席に努めます。
 2 親睦活動委員長 : 大口 範晃
 例会はもとより、各種親睦活動を通じて会員相互の理解親睦を深め、信頼できる仲間づくりと奉仕活動実践の一助となるような雰囲気づくりに努めます。主な活動計画とし、下記の事項を実施・実践します。
 * 例会において、友情を深め、真の親睦が保たれるよう努めます。
 * 夜間例会、懇親会では、スムースな進行に努めます。
 * クリスマス家族会を計画・進行します。
 * 奉仕活動後の親睦交流会を実施します。
 * 姉妹クラブ・各団体との親睦交流会では、友情溢れる進行を実施します。
 3 職業分類及び会員選考増強委員長 : 照井 誉之介久
 前年度に引き続きクラブの活動や考え方に多様性を持たせるためビジネスや職業について地域への貢献度の再確認やその知識を習得して参ります。
 また会員増強は当クラブの最重要事項と捉え全会員協力の下、法人役員及び個人事業主への入会勧誘や脱会者の再加入を推し進めて参ります。
 1)本人に対する業界や地域の評判は良いか  2)奉仕の精神を備えているか
 3)会員として、財政的な義務を果たせるか  4)例会に規則正しく出席できるか
 新規会員についての積極的な情報提供につき、引き続き御協力願いたく存じます。
 4 プログラム委員長 : 藤谷 直久
 毎回の例会に関わるプログラムを企画し、その進行がスムーズになるように努めます。
 「楽しい例会」を目指し、夜間例会では「移動例会」形式をこれまで以上に積極的に取り入れたく思います。
 江差町内のみならず、桧山管内各地に伸ばし、「移動夜間例会」を数回開くことを差し当たりの目標としたく存じます。
 会員の皆様の御理解・御賛同を賜りたく存じます。
 5 クラブ会報及びクラブ広報委員長 : 田畑 裕士
 3度目の「会報・広報委員長」です。数年前から比べると毎年会報が充実してきており、質を落とさないよう出来るだけ努力したいと思います。
 欠席した会員にも、クラブの活動内容が分かるように工夫します。また、HP更新も頑張りたいと思います。
 6 姉妹クラブ委員長 : 前川 敏雄
 江差ロータリークラブ60周年に向けて、珠洲ロータリークラブ・岩谷堂ロータリークラブと連絡を取り周年事業の段取を実行委員長と協力し行う。
 7 ニコニコBOX委員長 : 隅田 秀男
 会員の皆さんが、気持ちよく「ニコニコBOX」に拠金して頂けますよう、決して強制的にならぬよう雰囲気作りに心がけたいと存じます。
 会員減少が続いている中で、この財源は大変貴重なものになっているのも事実ではありますが、「ニコニコBOX」とは各会員皆様の自発的かつ「快く拠出」いただくものと思っています。
 決して強制的な雰囲気にならず、また、金額の多少に係わらず、気持ち良く「頂けて」いただけるものにしたいと考えています。例会の完全出席で、いつも笑顔(ニコニコ顔)で紹介したいと思っています。会員皆様のご協力をお願いいたします。
 8 ロータリー情報及びロータリー雑誌委員長 : 夏目 和昌
 ロータリー会員の特典と責務を把握できるよう援助することに力を注ぎます。
 B 社会奉仕委員長 : 大口 範晃
 この度、初めて社会奉仕委員長の役を仰せつかりました。
 毎年の継続事業である江差町馬場山にあるロータリーの森での栗や梅の植樹、枯れ木の補植、草刈り、肥料、剪定などを年度内に2回行います。
 またこの活動を通じ、植樹や山の管理の重要性を学ぶよい機会として積極的に活動していきたいと思います。
 引き続き町民の皆様に喜んでいただけるような憩いの場にしたく思います。
 C 職業奉仕委員長 : 田畑 裕士
 ロータリーの原点である「職業奉仕」を見直しつつ奉仕の実践をし、会員皆でお互い勉強する機会を持てたらと思います。
 例年行っている、地域の匠の方の表彰も行いたいと思います。
 D 国際奉仕委員長 : 夏目 和昌
 時代の変化に対応した国際ロータリーの活動、および運営に貢献して積極的に行っていくとともに、ロータリークラブが今後も維持発展していくためのクラブビジョン策定の支援を行って行く。
 ロータリークラブ世界大会に出席するなど。
 9 ロータリー財団及び米山記念奨学会委員長 : 隅田 秀男
 今年度のRIテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。
 直接、当クラブでは奉仕プロジェクトに参加することは困難ですが、資金援助等を通じロータリー財団及び米山記念奨学会への支援していきたいと思います。

2009-2010年度版
2010-2011年度版
2011-2012年度版
2012-2013年度版
2013-2014年度版
2014-2015年度版
2015-2016年度版
2016-2017年度版
2017-2018年度版
2018-2019年度版
2019-2020年度版
2020-2021年度版
2021-2022年度版




Copyright(C) 2007-2021 The Rotary Club of ESASHI All Rights Reserved.